海と風と太陽に捧ぐ

切り立つ岩山に佇む古びた石造りの村
小さな教会からは碧く広がる海が見渡せる
やわらかな陽射しと潮風を帆いっぱいに湛え
水面をゆったりと滑りゆく白いヨット
静かな時間が流れている....

ROPÉがこの世に生を受けたのは、1968年の春。
南フランスののどかな風景を淡い色彩で描いた
一枚の絵に導かれてのことでした。

あれから50年。
サン・トロペの港町に恋をして
数々の名作とアイディアで
ひとつの時代を築いたROPÉより
その血筋を誇りに、海と風と太陽に捧ぐ
「永遠」という名のコレクション
ÉTERNELが出航します。

いつの時代も果てることのない光の妙。
コート・ダジュールの海は
普遍的な美しさで多くの人びとを魅了します。
それは、少年少女の
透きとおる純真さへの憧れにも似て....

「少年半分 少女半分」
初期のROPÉが掲げたスローガンは
私たちにとっての永遠のテーマです。

美しさには棘があります。
はつらつと色香こぼれる海辺のエレガンス。
その素晴らしさを、私たちは創出します。